この度、平成28年度 新市議会における自民クラブ役員改選によりまして、常に市議会の中心として活動しております責任ある会派の会長職を担うことになり、光栄に感じるとともに、その責務の重大さに改めて身の引き締まる思いであります。

今後とも、市の発展に寄与し、会派の更なる発展に対しても全力で取り組む所存でありますので、市民の皆様をはじめ各位のご指導ご協力をお願い申し上げます。


本市においては、まもなく合併14年目に入ろうとしている中、少子高齢化が益々進み、人口も5万人を割り込む事態になってきております。

そのような中、平成27年9月に策定されました「南砺幸せなまちづくり創生総合戦略」により、市は人口減少対策の各種施策を展開してきております。

しかし、施策の実効性はまだまだであり、会派としてはしっかり課題を洗い出し、解決に向け市当局と議論検証を重ねながら、鋭意取り組んでいきたいと考えております。


また、『南砺市議会基本条例』の理念を尊重し、政策立案能力の更なる向上と市民福祉の向上を図り、議会改革を推し進めながら、市政発展に努力してまいりたいと考えております。


皆様方の更なるご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、初心の挨拶とさせていただきます。


南砺市議会自民クラブ会長

片岸 博